犬の殺処分がゼロに成らない理由

大きな要素は大きく分けて
無責任な動物繁殖家がいる
無責任なペットショップ
無責任なペット購入者
無責任な動物愛護団体や動物愛護家(以下NPO動物愛護団体や一般社団法人を動物愛護団体と略す非法人を動物愛護家と略す)
行き場所が無いワンちゃんの引取り料金が(20万円~80万円)猫ちゃん(12万円~32万円)と高額過ぎ、営利事業と化している動物愛護団体や動物愛護家の高額な引取り料も一つの要因に成って要る事も事実だと思います。

この様な、営利事業としている動物愛護団体などだけでなく、本当に1匹でも多くの犬や猫を救いたいと頑張っておられる動物愛護団体様へ引取り依頼や寄付をする様にして、営利事業としている動物愛護団体に、高額な引取り料を払えない人達は、已むを得ず保健所へ持ち込まなければならなくなります。

営利事業としている動物愛護団体や動物愛護家の人達は、保健所へ持ち込まれたワンちゃん猫ちゃんの中から、里親様が見付け易い子だけ救出します。

したがって、必然的に高齢犬の殺処分が減らないのです。

当『愛の肉球会』で把握している引取り料は、あえて動物愛護団体名やNPO法人名は控えさせて頂きます。

A動物愛護団体は20万円

B動物愛護団体は29万円+消費税

CNPO法人は40万円

DNPO法人はビックリする事に80万円

上記のNPO法人は結構有名で大きなNPO法人です。

当『愛の肉球会』みたいな、小さな一般社団法人動物愛護団体でも一匹でも多くの命を救いたいと云う思いで頑張っている団体様は沢山在ると思いますので、諦めて保健所へ連れて行く前に

一途の希望を持ってこの様な団体様と出会えるまで、頑張って探してあげて下さい。

貴方の大事な犬や猫の命を救えるのは貴方しか居ません。 『愛の肉球会』や他の動物愛護団体でも命を守るお手伝いしか出来ません事をご理解しつつ命の大切さを考えて下さい。