『愛の肉球会』の活動内容

当法人、『愛の肉球会』では、完全に殺処分されるワンちゃん・猫ちゃんがゼロに成る日を目指して地道に活動を続けて行こうと考え、他の動物愛護活動を行っておられる方々は個人・法人を問わず、里親探しを中心に行っていますが、若い成犬や成猫・仔犬や仔猫の里親様に名乗り出てくださる方は多いのですが、10歳以上の高齢犬や高齢猫・問題のある犬(噛み癖がある、無駄吠えをする)に対しては名乗りを上げてくださる里親様が殆どいないのが、現実です。
当法人、『愛の肉球会』ではそんな見過ごされて殺処分されている、10歳以上の高齢犬や高齢猫・問題のある犬を優先的に、『愛の肉球会』の施設にて保護し最期の楽園となるよう、スタッフ全員で愛情を注いで、最期まで看取ってあげたいと思い活動を続けております。

また、お引取りした成犬や成猫・仔犬や仔猫は当法人の獣医師と相談の上、健康状態に問題が無ければ優先して里親様を探させて頂きますので、その時はよろしくお願いします。もし病気などの問題が見付れば獣医と相談の上優先順位を付けて『愛の肉球会』の施設にて保護し最期の楽園となるよう、スタッフ全員で愛情を注いで、最期まで看取ってあげたいと思います。保護した成犬や成猫・仔犬や仔猫もお引取りした成犬や成猫・仔犬や仔猫同様の扱いとします。

仔犬&子猫の緊急保護

地域は阪神間と限定されますが、24時間体制で仔犬&子猫の緊急保護要請を受付けています。

山口県の保健所へ申請

西日本でも有数の殺処分数の山口県へ保健所指定引き出し団体として申請、平成28年10月に認可され野犬問題で騒がれている周南健康福祉センターより、月に10匹~20匹程度のワンちゃんを救出して、里親様に譲渡しております。